エージーワンが教えるワンルームマンション投資6つのメリットとは?

エージーワンのワンルームマンション投資イメージ

自己資金も比較的少額で済み、都内であれば、すぐに換金できることで今、人気を集めているワンルームマンション投資。

借入負担も少なく、誰でもすぐ簡単に始められます。

中古マンションであれば200万円ぐらいで購入できるものも。
99~100%ローンで組める物件もあります。

そんなワンルームマンション投資の6つのメリットとは?

ここでは、エージーワン伝授のワンルームマンション投資ならではの6つのメリットを紹介します。

エージーワン推薦! ワンルームマンション投資の6つのメリット

エージーワンのワンルームマンション

1.長期的な安定収入を得られる

マンション投資の一番のメリットが、長期において安定した家賃収入を得られる点。

昨今は不透明な時代で、たとえ大企業に勤めていたとしても「定年まで働けるかな」と不安を抱いている人が多いです。

そのような現代において、副業感覚でワンルームマンションの投資を始める人が増えています。

ファミリータイプと異なり、大きな収入は見込めませんが、賃料水準は比較的安定しているため、株式投資などよりリスクを抑えられます。

長期的な収入を得たいという人は、ぜひ手軽に始められるワンルームマンション投資を行ってみてください。

2.年金対策になる

老後に備えて安定した収入源を確保したいという人も大勢います。
人生100年時代。
公的年金と貯蓄だけで生活していけるのか。
不安を感じている人も多いでしょう。

定年までにローンを完済してしまえば、キャッシュフローは大きく改善し、あとは賃料を受け取るだけ。
大きな支えになること間違えありません。

またローンの返済が終われば、ワンルームマンションは資産として手元に残ります。自宅やセカンドハウスとして活用することもできるのです。

キャッシュが必要になったときは、手放して現金にするという選択肢も残されています。

定年後も安定した収入源が欲しいという人は、ぜひワンルームマンション投資を検討してみてください。

3.生命保険にもなる

団体信用生命保険(団信)に加入することで、ローン返済中にたとえ病気や事故に遭って死亡したり、高度障害に陥ったりしたとしても、残りのローンを返済する義務からは免れます。

残された家族には不動産が残るため、家賃収入を得られることで当座の生活資金に困ることはなくなるでしょう。

不動産投資をきっかけに、自身の生命保険を見直す人も多いです。

4.節税対策にもなる

高額な所得税や住民税を減らしたい高所得層にも不動産投資は人気です。

不動産投資で得た収入から、必要経費を差し引くことができるため、所得税を節税可能。

物件取得費も、減価償却費として毎年経費計上できるため、実質取得金額よりは安価になります(金利にもよるので一概には言えませんが)。

赤字が出た場合、ほかの給与所得等と損益通算するので、住民税・所得税の軽減につながります。

5.相続税対策になる

相続の際、時価で評価される現金・預金、有価証券で相続するよりも、路線価や固定資産税評価額で評価される不動産に換えたほうが低く評価されます。

路線価は、時価の70~80%。

1億円の現金を相続するより、1億円分の土地を相続したほうが、課税対象額は7,000~8,000万円にまで抑えられるため、減税につながるのです。

また建物は固定資産税評価額で評価されますが、建物の固定資産税評価額は建築価額の約50~70%とみられており、土地と同じ、またはそれ以上の節税効果を期待できます。

200㎡以下のマンションの場合、小規模宅地等の特例を受けられることもあり、評価額はさらに低くなります。

そのうえ、投資用不動産は30~40%ほど控除されて評価されるため、現金の3分の1ぐらいにまで落ちることもあります。

ただし、地方の不動産のように流動性の低いものは、すぐに売却することができず、納税資金として活用できない場合もあるので注意しましょう。

6.インフレ対策になる

インフレに突入したとしても、貨幣と異なり、不動産の価値は上昇していきます。

デフレ時代は、モノの価格が下落し、お金の価値も相対的に上がっていったため、預金でも大した問題はありませんでした。

しかし、インフレになると、預金の場合、お金の価値は目減りする一方。

そのうえ、現代において預金の利回りはほぼゼロですが、不動産投資であれば、新築で2~3%、中古だと4~6%ほどの高利回りを期待できます。

家賃価格の値上げなども行えるので、時代に合った柔軟な対策を行えます。

まとめ

以上、エージーワンがおすすめする、ワンルームマンション投資の6つのメリットを紹介しました。

ワンルームマンション投資には、長期的な安定収入、年金対策、生命保険代わり、相続税対策、節税対策、インフレ対策といった効果があります。

中古のワンルームマンションであれば自己資金も少なく始められ、借入すればほとんどゼロの状態からでも不動産投資ができます。

老後の不安や生活のストレスなどから解放されたいと思っている人は、ワンルームマンション投資で成果を上げてみると良いかもしれませんよ。